FC2ブログ

東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルを予約OK!
★ロリポップサーバー☆月額105円で最大容量10GB★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、浜松市のアクトシティまで行き、バレエを観てきました!
幼少のころ、「くるみ割り人形」を一度みたきり、バレエはほぼ初めて鑑賞しましたが、面白かったです!

2011_0815_01.jpg
パンフレットと当日のチラシ。

バンクーバーオリンピックの閉会式のロシアンパートで、バレエのパートが大変美しかったこと、浅田真央選手が、2010年シーズンにエキシビションでバレエのレッスン中をコンセプトにしたエキシビション(バラードNO.1⇒youtube映像)をしていたり、映画「ブラック・スワン」をみていたために、「ボリショイ」「バレエ」「白鳥の湖」すべてのキーワードに完璧にひっかかってしまい、チケットをとったのでした。

そういうわけで、まったくのバレエ素人だったうえに、なんと「白鳥の湖」のあらすじもよく知らないままでしたが(なぜ人間が鳥に恋をするのだろう…と思っていた…月夜に美しい女性になるのですね。)、とても楽しかったです。物販コーナーは女の子用のチュチュとか売ってて普通の演劇とは違う雰囲気。客層もセレブなマダムとかバレエ教室のちびっことかがいっぱいいました。

座席はアクトシティ大ホールの2階席の一番後ろでした。一番安い席でいいや…と思っていたら既に完売しており、2番目にグレードの高い席にしたのですが、オーケストラもばっちり観れたし、正面から舞台全体を見渡せてよかったです。面白いなーって思ったのは、1曲見せ場が終わると、観客に向かってお辞儀をして拍手を浴びる時間があること。オペラとかもそうだけど、一瞬お話が途切れるというか、そういうアピールも含めてお話が進行するんだなーというのが、新鮮でした。お辞儀の姿勢は、白鳥と黒鳥の鳥の羽のように腕を動かす動きがツボでした。

衣装も中世ヨーロッパの衣装がみられて幸せでした。
パフにもほどがあるパフスリーブの貴族の青年たちとか(お袖がマカロンみたいだった)、すらっとしたシルエットのお姫様たちとか、(おそらく)各国の民族衣装とか…一番目を引いたというか、1人違う動きでおもしろかったのは道化師でした。
昔からピエロとか道化とかいったものに目が無かったので余計目を引いたのと、萩尾望都の「残酷な神が支配する」の中で幾度となく出てきたモチーフだったからです。バレエをみてはじめて、「あの漫画の中の道化の衣装はバレエの道化だったのだなあ~」とわかりました。

そしてやっぱり白鳥の湖のあの旋律を生できけてよかったなあと思いました。
「チャイコフスキーって天才だな」などと思いました。

ちなみにパンフレットですが、ボリショイ・バレエが日本公演するすべての演目があって、ツアー中共通のパンフレットになっているようです。パンフレットみたら、「スパルタクス」という演目も気になりました!
また機会があれば、バレエみたいなーと思いました。

バンクーバーオリンピックのソチパート⇒http://www.youtube.com/watch?v=BwtyYN-k-I8&feature=related
バレエパートは3:38からですが、その前後もとても素敵ですよ~!ロシアン芸術の大盤振る舞いです。
これみたあとしばらくロシア料理を食べにでかけていたのを思い出した(笑)ロシア料理おいしくて大好き!

ボリショイ・バレエ2011日本公演のサイト⇒http://www.japanarts.co.jp/html/2012/ballet/bolshoi/
スポンサーサイト
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さてさて、記事タイトルの、T.M.Revolution New Yaer Partyですが、新年早々正月二日に、知人と武道館までライブにいってきました!

T.M.Revolutionが大好きなのか?と言われると現在はそういうわけではないのですが、中学のころから現在まで熱狂的なファンが友人・知人に複数人おり、学生時代はかなり詳しく彼のことを知っていたものです。
若い子は、西川さんがキムタクと共演していたことは知っているのかしら…?

それはさておき、
ライブは、パーティーというだけあって、もりもりもりだくさんでした。
コンセプトは正月なのかな?世相を反映して和のテイストなのかな?
神社のお社風のセットでした。
席が両翼の隅だったんですが、セットの端にとても近くて、かなり近くで見ることができました。
幕開けの音は、正月らしく和太鼓の音でスタート。

ライブは、歌を歌い、会場のファンと交流するコーナーあり、芸能人の友人たちからのお祝いVTRをさしはさみ、かくし芸までみせてくれ、そしてまたたたみかけるように歌を…というかんじでした。
15周年を迎えたという西川さん。
ここ数年の曲はほとんど知らない状態でしたが、昔の曲もいっぱいやってくれて、
まさか聴くことはかなわないだろうと思っていた曲を楽しみました。
imitation crime とか Heart of swoad~夜明け前~とか。
LIAR'S SMILE,BLACK OR WHITE?,LEVEL 4,WHITE BREATH,独裁 あたりは、多感な時期によくきいていたからか、忘れることなく自然に声が出てしまいました。
かくし芸ではAKB48の振付を、完璧な衣装で行っていました。すごい…!

衣装といえば、何度かいったライブでも思ったんですが、衣装チェンジというよりは、
最初にいっぱい着こむ⇒だんだん脱いでいく⇒最終的にあられもない姿に
という流れを踏むようで、本日も、バグパイプ奏者のような衣装で出てきたのに、バグパイプ奏者みたいなストール(赤と黒のボーダー。このライブのテーマカラーのようです)を脱ぎ、黒い長そでの上着を脱ぎ、赤い甲冑風の衣装になり(甲冑の下は短パン+黒のニーハイブーツ)、甲冑(?)を脱ぎ、手袋を脱ぎ、黒のタンクトップも脱ぎ、アンコールで短パン一枚になっていました。女装まで見せるし、彼は自分の可愛いところや、アピールポイントを非常によく心得ているんだろうなあと思いました。
41歳の肉体にはとてもみえませんでした。 あんまりいい脱ぎっぷりなので、きゃ~~!と興奮するよりも、冷静にまじまじ見詰めてしまいました。鍛えているんだなあ~…と感心…スポーティな女子のようでした。

一緒にいった知人との道中のおしゃべりも楽しくて、新幹線にのってかけつけてよかったなーと思いました。
しかし、意外と正月の東京というのは人が少ないのですね。みんな帰省しちゃうからかなあ。
かなり過ごしやすかったです。

昨年はライブあんまりいかなかったけど(そのかわりスポーツ観戦をしていた)、今年は機会をみつけて好きなミュージシャンのライブにいってみようかなと思いました。

そして鉄は熱いうちに打っておけとばかりに、本日T.M.Revolutionのアルバムを借りてきました。
imitation crime とか Heart of swoad~夜明け前~restoration LEVEL→3と、CLOUD NINE(初回生産限定盤A)(DVD付)
うん、いいですね。imitation crimeの「夢に汚れて生きていく」という歌詞が、中学生のときとても好きだったことを白状して、この記事を終わります!わー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。