FC2ブログ

東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルを予約OK!
★ロリポップサーバー☆月額105円で最大容量10GB★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実はゆるゆる鈍行の旅で好きなのが、車内読書です。
多分移動しながらなにかができる…というお得感がいいのだと思うのですが…
今回はこれを持参しました。


☆この絵誰の絵?100の名作で西洋・日本美術入門☆

美術出版社が発行している美術検定4級参考書籍でもある本書。
わたしは西洋美術は中学のときからなにやら気になる存在で、その後高校で世界史をとって、もっとはまっていったのですが、日本画は、とくに古い年代のものはさっぱりわからなくて。
興奮度合いが今は西洋画(好みの様式はあるけれど)>日本画 で、
正直とても疎いので、もっと知りたいなーと思って手にとりました。

これは見開きで1ページに1枚絵があり(見開いた状態だと2枚絵がある)、下のほうに小さくヒントがあり、次のページに正解や簡単な解説がついている、というものです。クイズ形式でトライしてみましたが、日本画編がぐずぐずだったのはいわずもがな、西洋美術編でも「わかってるのに画家の名前が出ない!」状態のものが結構ありました。ショック…!2回目にやってみたら、割とましになったかな…。直前に友人と話題になった「ターナー」とかあってテンションあがりました。
西洋編60問、日本編40問なので、もちろん漏れている有名画家もいました。
私の大好きなエゴン・シーレとモローはいなかったなあ…
そのわりに何度も出てくる画家もいました。ボッティチェリ、ゴヤ、マネ、ダ・ヴィンチさんなどなど。
絵をみるだけでも楽しかったです。
日本画ははじめて知ったよ!のオンパレードでまたおもしろかったです。
40枚さまざまな日本の美術をみて(高松塚古墳の壁画も出題範囲)、その中に上村松園の「序の舞」がありましたが、そのなかでも独特の緊張感と美しさに惹かれました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tanteopere.blog64.fc2.com/tb.php/26-5d2a8add
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。