FC2ブログ

東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルを予約OK!
★ロリポップサーバー☆月額105円で最大容量10GB★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
四国旅行記録そっちのけですが、昨日本を数冊買ってしまいました。
高村薫の小説と、漫画「7人のシェイクスピア」1巻です。

作者は「BECK」を描いていたハロルド作石。
わたくしゆばは「BECK」が大好きで完結まで追っていたのですが(映画はみてません)、
新連載が全然違う毛色で気になっていたんですよね。

タイトルにシェイクスピアと付いているだけあって、シェイクスピアが一番カリスマ性ある人物に描かれています(絵的に)。
第一話はシェイクスピア本人に近づくというよりもその周辺の人物が彼について語る出だし…。
出版業のおやかたに、どうもシェイクスピアに近しい人物が彼の「ハムレット」の脚本を売りにきます。
しかしそれをそばで聞いていた大学出身のインテリが「自分は舞台をみたことがあるが、そんな脚本ではない。」と言い合い、脚本を売りに来た人物は「シェイクスピアは詐欺師だ」と言います。
そしてすぐに舞台はイギリスのチャイナタウンに場所をうつし、一人の美しい中国人の娘にスポットが当たります。

まだ1巻は、大きな物語の一部分を、点々と描いているかんじ。じょじょに点と点を結ぶあたらしい点となるエピソードがあわられ、全て見渡した時に、大きな流れとなるのでしょうか?こういった物語は大好きです!時系列もばらばらに描かれそうですね。期待して追いたいと思います。

個人的には、イギリスのチャイナタウンの歴史の長さにびっくりしました。シェイクスピアの時代から、あったんですね~!!あと、シェイクスピアの肖像って、肩耳にリングピアスしてますよね。この物語では描かれていないんだな~…そのうちピアス、あけるんでしょうか?あとあんまり夫婦仲がよくなかった説もあるみたいですが、1巻ではそんなに冷え切った風にも見えませんでしたが…どの説を拾い、どのようにアレンジするのか…あんまりシェイクスピアについてはこれぐらいしか知りませんが(汗)、でもちょっとそんなことも注目してみようかなあ。
シェイクスピアの戯曲自体も、うまく絡んでくるんでしょうか!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tanteopere.blog64.fc2.com/tb.php/51-aff48ae4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。