FC2ブログ

東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルを予約OK!
★ロリポップサーバー☆月額105円で最大容量10GB★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.07 Antiqueなお洋服
お正月のセール、みなさんは行かれましたか?
わたしは学生時代のお友達と、とある街で落ち合って、ぶらぶらお買いものとおしゃべりを楽しみました。

その中で友人が「アンティークの古着屋さんがあるよ」と教えてくれました。
ビンテージよりさらに古いアンティークのお洋服が気になったので、そのお店につれていってもらうことに。

アンティーク衣装と看板を身に付けたトルソーが通りに面した階段におかれていて、その階段を上っていくと2階に小さな間口のお店が。

店内はタンスの臭いというにはあまりにもお洒落で、あまりにもヨーロッパな、癖になる香り(虫よけのハーブ?)がただよっていました。フランスの民族衣装みたいな綿のスカートとか、リアルナポレオンなジャケットとか、シミや汚れやほつれがいい味になっている、時代を感じさせるお洋服が程良い間隔をあいておいてありました。タグをみると1900~1920年、フランス みたいな説明が。100年の時を超えて残っているんだなあと感動!

店主の穏やかそうなお兄さんがいろいろ説明してくれました。
信じられないぐらい精巧な手仕事のスカートとか、感嘆するものばかり!
ちょうどセールをやっていて、コットンのスカートがフリルも穏やかでとてもかわいかったのですが(値段もすごい手頃だった)、100年ものという歴史の重みに怖気づいて購入はみおくりました。

古着は大好きで、インポートや昭和レトロないかにもお洒落さん御用達、みたいなものも、弁えずにお店にはいっちゃったりしますが、リサイクルショップ系で掘り出し物を探すのも好きだったり…
新品には出せない風合いや色遣いが素敵だし、かつて誰かが使っていたかもしれないっていうロマンがあるなあ~と思っています。
でもビンテージを飛び越えてアンティーク年代のものは、作り手というよりも、海をこえて時代も超えてここにあるという事実と、これまでこの服を身につけてきたお嬢さんたちはもう生きていないんだろうなということを考えると、畏怖に近いものを覚えました。

もともとは、ただの日常着やちょっとしたよそ行き用の個人的なお洋服だったのが、
時代をこえ、かつて身に着けていた人たちの息遣いをちょっとだけ残して目の前にやってくると、
祭りや芸能の伝統的な衣装やお面みたいな意味合いを、備え始めるのだなあなんて思いました。
縦方向(歴史)にも横方向(地域)でも、渡っていける魅力があるということですからね。
伝統的なお面を前にした気持ち(大げさにいうと厳粛な)を、まさか街角の古着屋さんで抱くとは!(笑)

お洋服を見に行って、なんだか美術館で展覧会をみたような感覚になりました。
ある種の衣類は、身につけるには覚悟を必要とされるなと思いました。

結局この日は、いくつかのマスキングテープと、
パルコでストライプのショートパンツとバッグを買って帰りました(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tanteopere.blog64.fc2.com/tb.php/57-44eeda76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。