FC2ブログ

東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテルを予約OK!
★ロリポップサーバー☆月額105円で最大容量10GB★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、浜松市のアクトシティまで行き、バレエを観てきました!
幼少のころ、「くるみ割り人形」を一度みたきり、バレエはほぼ初めて鑑賞しましたが、面白かったです!

2011_0815_01.jpg
パンフレットと当日のチラシ。

バンクーバーオリンピックの閉会式のロシアンパートで、バレエのパートが大変美しかったこと、浅田真央選手が、2010年シーズンにエキシビションでバレエのレッスン中をコンセプトにしたエキシビション(バラードNO.1⇒youtube映像)をしていたり、映画「ブラック・スワン」をみていたために、「ボリショイ」「バレエ」「白鳥の湖」すべてのキーワードに完璧にひっかかってしまい、チケットをとったのでした。

そういうわけで、まったくのバレエ素人だったうえに、なんと「白鳥の湖」のあらすじもよく知らないままでしたが(なぜ人間が鳥に恋をするのだろう…と思っていた…月夜に美しい女性になるのですね。)、とても楽しかったです。物販コーナーは女の子用のチュチュとか売ってて普通の演劇とは違う雰囲気。客層もセレブなマダムとかバレエ教室のちびっことかがいっぱいいました。

座席はアクトシティ大ホールの2階席の一番後ろでした。一番安い席でいいや…と思っていたら既に完売しており、2番目にグレードの高い席にしたのですが、オーケストラもばっちり観れたし、正面から舞台全体を見渡せてよかったです。面白いなーって思ったのは、1曲見せ場が終わると、観客に向かってお辞儀をして拍手を浴びる時間があること。オペラとかもそうだけど、一瞬お話が途切れるというか、そういうアピールも含めてお話が進行するんだなーというのが、新鮮でした。お辞儀の姿勢は、白鳥と黒鳥の鳥の羽のように腕を動かす動きがツボでした。

衣装も中世ヨーロッパの衣装がみられて幸せでした。
パフにもほどがあるパフスリーブの貴族の青年たちとか(お袖がマカロンみたいだった)、すらっとしたシルエットのお姫様たちとか、(おそらく)各国の民族衣装とか…一番目を引いたというか、1人違う動きでおもしろかったのは道化師でした。
昔からピエロとか道化とかいったものに目が無かったので余計目を引いたのと、萩尾望都の「残酷な神が支配する」の中で幾度となく出てきたモチーフだったからです。バレエをみてはじめて、「あの漫画の中の道化の衣装はバレエの道化だったのだなあ~」とわかりました。

そしてやっぱり白鳥の湖のあの旋律を生できけてよかったなあと思いました。
「チャイコフスキーって天才だな」などと思いました。

ちなみにパンフレットですが、ボリショイ・バレエが日本公演するすべての演目があって、ツアー中共通のパンフレットになっているようです。パンフレットみたら、「スパルタクス」という演目も気になりました!
また機会があれば、バレエみたいなーと思いました。

バンクーバーオリンピックのソチパート⇒http://www.youtube.com/watch?v=BwtyYN-k-I8&feature=related
バレエパートは3:38からですが、その前後もとても素敵ですよ~!ロシアン芸術の大盤振る舞いです。
これみたあとしばらくロシア料理を食べにでかけていたのを思い出した(笑)ロシア料理おいしくて大好き!

ボリショイ・バレエ2011日本公演のサイト⇒http://www.japanarts.co.jp/html/2012/ballet/bolshoi/
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tanteopere.blog64.fc2.com/tb.php/62-b0ef1d2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。